ハワイに居ると

ワイキキからもバスで行ける場所

何度行っても新しい魅力が発見できる、いうこともあって、癒しやリラクゼーションを目的に訪れる人も年々増えています。州全体がディズニーランドのようなところです。買い物や観光はもちろん、マリン?アクティビティも豊富な上に、ハワイの人達との交流も楽しく、島全体がパワースポットだと社会経済的には一級のビーチリゾートでありながら、都市機能も間近にあり、さらにハワイ王国の文化を色濃く残している点も、他の観光地とは雰囲気が異なる点。色々な側面からハワイを見ることで、何度も何度も深めていくことができます。このように観光地としてのハワイの特徴は「常に変わっている」という点。

お気に入りのイタリアのお土産

ハワイのツアーの例:Extratowels&sunscreen

ハワイのツアーで ボートにトイレが完備されている を満たしている
リゾートとしての基本は押さえながら、常に新しいアクティビティやショッピング施設が開発されています。減ると次はヨーロッパや日本から。最近ではアジア諸国からの観光が増えています。「ハワイ」を世界に知れ渡っているブランドだと考えることは異論のないところでしょう。またハワイへの観光客層も時代と共に変化しており、アメリカ本土からの訪問者が。投資者としてのハワイ一方、ハワイを投資の対象として考える人も多くなっています。

 

ワイキキの路面店ですが

アメリカですから訴訟が起こるかもしれません フィンのサイズ合わせ、ウェットスーツのサイズ合わせ、浮輪やライフジャケット、マスクとシュノーケリングもここでどれを使用するか確認します。海用ソックスを履く方は、フィンのサイズ合わせの時に履いてから合わせましょう。フィンはゆるいとキックがしにくかったり、脱げてしまうので注意が必要です。通常ここではまだウェットスーツは着ません。フィン、マスク、シュノーケル等と一緒にツアー会社が全員分をまとめて移動車に積み込みます。

ハワイに変えましょう
この時ランチや飲料等も一緒に積み込まれています。ツアーによってはここからボートに乗るまで、またはオフィスに戻ってくるまでトイレが無いので、ここでトイレに入ってから向かうことになります。たまにですが、ツアーによっては集合場所がボート前という事もあります。参考までに今回私が参加したツアーの集合場所はHonokohauHarborで、Kailua-Kona(カイルアコナ)周辺のツアーは殆どがこの港から出ます。オフィスの場所はHarborHouseRestaurantと同じ建物内にありHonokohauHarborのホームページにある地図を拡大して見るのが一番わかりやすいです。