アメリカ国外に出ないと次の就業ビザが申請できないというルールがありますので

ハワイ間で最低でも60000マイルが必要

免税を受ける条件(手続き)は以下の3つです国に免税制度があり、購入店舗が免税代行業者の加盟店であること購入時に店舗に依頼し、免税潛類を受け取ること(パスポート必須)空港の専用カウンターに免税潛類と対象商品を持参すること手続きには時間がかかりますので、余裕を持って空港に到着してください。ケースに入れて預け荷物にしてしまわないように注意してください。また、手続きする前に対象商品をスーツ4日曜日はお店が閉まるキリスト教国では日曜日はミサの日なので、お店も閉まってしまいます。スーパーや国際的なチェーン店ならば営業しているかもしれませんが。旅行の日程を組むとき、買い物の日が日曜日になっていないか気をつけてください。

ハワイのツアー参加者全員で会社の用意した車やバスで移動します

ハワイ?ロングステイ出発の日である
ちなみにパリのお店は平日でも一八時で閉まっていました。夜営業が広まった今ですと違和感があります。日本でも昔はそのくらいだったはずですが、コンビニや深。レストランでも水は有料日本ではレストランで何も言わずとも水が出てきて、無料でいくらでも飲めるのが当たり前ですよね。海外、特にヨロッパではホは出てきません。

 

ハワイへの渡航者数は年々増加しており2010年が700万人2014年には830万人を超えました

ハワイアンマッサージやヘリコプター操縦などの専門的な技術を長期にわたって習得するといった場合はFではなくMビザになります ボート上で着替えるのに抵抗がある方は、合にはそこで着替えると良いと思います。良くタオルで水を吸い取ってから乾いたラッシュガードを羽織ると良いと思います。その後港について更衣室がある場ラッシュガードのところに記載しましたが、ラッシュガードを着て海に入る方は、着替え用のラッシュガードがあると便利です。タオルタオルはビーチタオルを2枚毎持って行くことをお勧めします。海から上がって体をふくとすぐにビショビショになります。

ハワイのホテルよりも滞在費は安くなる場合が多いです
いつまでも濡れたタオルを使用するのは良くありません。ツアーによっては、自分のタオルが濡れてしまったら乾いたタオル貸し出しますというところもありますのでその場合は1枚あれば十分です。タオル貸し出しがあるツアーの例:Extratowels&sunscreen:Whenthedayisdoneandyouhavehadyourlastswimwehaveadryplushtoweltoofferyouifyourtowelisdamp。ハワイ等マリンスポーツが盛んなリゾートのホテルではビーチタオルが用意されているのでそれを利用するとスーツケースの荷物が減ります。バケーションハウス等でもハワイならビーチタオルを置いているところが多いです。

ホノルル?シティ?ライツ 今朝の

アメリカのカードは日本と違って

ヨーロッパでは公衆トイレでも有料(五十百円程度)のところも多いです。かといって行かないわけにもいかないので、コインは常に用意しておきましょう。トルコに行く際の行きの飛行機で、トイレが次々に使用禁止になりビックリしたことがありました。なぜそんなにトイレが壊れるのかそのときはわからなかったのですが、バスツアー中での現地でのガイドさんの説明を聞いて納得。トルコの水洗トイレは非常に詰まりやすいため、紙を流してはいけないんです。

ハワイへ というインターネット掲示板の情報です

ダイヤモンドヘッドの姿に代わり
お尻を拭いた紙は備え付けのゴミ箱に捨てますトイレの個室に大きめのゴミ箱があったら、紙を流してはいけないんだ!と気づくようにしてください。トイレの形には国の特色があります。フランスは洋式便器なのですが座るところが無く、立って用を足さなければならないようです。流すボタンも国や地域によって異なりますので、楽しみにしてください。大抵はボタンが二つあって大きいほうが大用なんですけどね。2コインは使って帰るお札は日本で再両替して日本円にできますが、コインは大抵拒否されます。

 

ハワイで暮らすための知恵

ハワイのホテルを予約することもできます なお、あまり良い例ではありませんが、私は度付きマスクですが使い捨てコンタクトレンズをしています。理由は二つあり、船の上では格安サングラスをかけているので普通の眼鏡をかけたくないのと万が一自分のマスクが破損して普通のマスクを借りる場合に備えています。4ペットボトルの水理由はランチが含まれているかどうかの欄を参照下さい。5酔い止め船に少しでも酔う可能性がある方は、酔い止めを飲んで参加するのが良いと思います。ボートだけでなくその日の波の状況によりシュノーケリング中に波酔いすることもあります。

ハワイのホテルだったと思います
私はいつも1日効くものを利用しています。余談ですが、今回海洋状況が特に著しく悪かったという記憶はなく、ボート小さいしまあこれくらいは揺れるよねという感じでした。連れは酔う可能が少しあったのですが、多分大丈夫と言って酔い止めを飲みませんでした。しかしドルフィンスイムが始まる前にダウンいたしました。6レンタカーで集合場所まで自力で行く方は、免許書、国際免許書、パスポートも忘れずに持って行きましょう。

ワイキキ周辺のショッピングセンター

ハワイのホテルのチェックイン時間までスーツケースを持って

いくつかの例を見てみましょう。学校自分への投資として語学を学ぶ人は多く、英語を学ぶ場所としてハワイを選ぶ人が多くなっています。ハワイの英会話学校はリゾートに直結しており、楽しみながら短期間で実践会話を習得できる点が魅力なのでしょう。が集まりやすく、異文化交流の場ともなっています。日本で英語を勉強しても日本語訛りの英語しか習得できませんが、ハワイでは様々な国の訛りの英語を。度に体験することもできるのです。また「世界のリゾート地」なので各国から生徒語学学校が主催するアクティビティやパーティなどで海外の方と親密になるチャンスも用意されています。

アメリカ国民の仕事が減ってしまうことを防ぐための措置です

ハワイで生活しようこの章では
英会話能力だけでなく、世界各国に友人ができるという点で、投資金額以上のメリットを得られると考えている人も少なくありません。短期大学や4年制大学への?学も盛んです。を体得するには最高の環境と言えるでしょう。ハワイでは日本語を話せる人が多いことから?学手続きも進めやすいですし、これまでに日本から多くの?学生を受け入れているので、学校側にもノウハウが蓄積されています。なにより国際感覚やコミュニケーション能力ハワイ大学と連携したコミュニティーカレッジ(短期大学、職業学校)は、日本の高校を卒業していれば入学することができます。

 

ハワイ在住の場合

ハワイに行くためには航空会社が発行をしているクレジットカードが必クレジット機能付きの トイレは建物内のレストランの前と港の反対側の駐車場にあります。通常集合場所から全員緒に専用車でボートまで移動します。初めての体験でしたが、今回参加したドルフィンスイムツアーでは全員車で来ていたので、各々の車で港の反対側まで移動しました。(ツアーはボートを降りてすぐ解散だった為自分の車で移動して良かったです。クロックスを脱いでボートに乗り込みます。

ハワイのツアーがあるので
出発するとすぐにトイレの使い方や船の安全上の話があります。飲食にってもここで説明があります。ボートについているトイレの使い方は注意が必要です。間違えるとトイレがすぐに詰まって故障してしまいます。船上トイレの使い方デイトリップに利用される小型ボートのトイレは通常この形です。レバーが左右のどちらかに付いています。トイレットぺーパーは絶対に流してはいけません!詰まって故障の原因になります。

ハワイアンや

ハワイにリピートした

部屋を出る際は貴重品を持ち歩くのはもちろん、スーツケースにも鍵をかけ、その他の荷物も綺麗にまとめておきましょう。乱雑にしていると紛失したことが判りませんし、盗られやすいです。私の周りでそういった被害にあった人を聞いたことはないのですが、自分が被害者第一号になっては笑えません。万一の被害を考えて行動しましょう。なお、フロントで貴重品を預かってくれることもあります。連泊の際のルームキーなどは預けておいても良いでしょう。

おしゃれなハワイのお土産を簡単にショッピングするならこちら

ハワイのツアー参加の場合は朝食後の集合で

ダイヤモンド?ヘッドに登った
バッグは片時も離さないイタリアやスペインは日本人に人気の観光地ですが、治安が悪いことでも有名です。食事のときに背もたれに掛けておけば、九分九厘盗まれます。バッグを足に挟んでおいても無理やり盗られてしまうという話も聞きます。手提げの部分には体を通し、引っ張っても盗られないようにしておかないといけません。スーツケースも同じで、一時も目を離さず、常に手をかけておく必要があります私は常々疑問なのですが、そんな物騒な海外でも、空港、特にBaggageCiaimでは荷物が放置されていても盗られることは無いようなのですよね。

 

アメリカ流のドライな対応ではなく日本流のキメ細かい対応を行ってくれる

ハワイのコンドミニアムの廊下を隔てた前の部屋は今日から住人が変わって ボート上は裸足のところでも海用ソックスは通常問題ありません。このソックスは日焼け対策以外にもフィン等で足を怪我するのを防止するのにも役立ちます。値段は千円~二千円程度で購入ができます。ソックスを着用する場合は、フィンのサイズを合わせる時に必ず履いてから合わせましょう。その他の日焼け対策グッズ!まずはサングラスです。

ハワイ島でドルフィンスイムをすることになりました
潮風やシブきで傷みますので、鏡紐を付けておくと良いかもしれません。安い千円位のUVカットのサングラスで良いかと思います。海に落とさない対策として百均等にある眼ます?潮風で飛ばないようにする2次に帽子です。ツバガ大きめで紐付きのものが良いと思い使い捨てにするか洗えるものが良いと思います。のが重要です。帽子も潮風でベトベトになりますので、安いものを3そして次が日焼け止めです。

ハワイ料理 などを大量に作って冷蔵庫に保存しています

ハワイ市民のものだが旅行者もプレーできる

言わないことが逆に恥ずかしいと思ってください挨拶は「ハロー」でもいいのですが、現地語が望ましいです。日本でも外国人が「コンニチワ」と言ったら微笑ましく思ぅでしょう?イタリアのチョコレート屋さんに行ったとき、私が「ボンソワー」と言って入っていくと、店員の女性がにこやかにrボンソワ」と返してくれました。その後、店に女子大生二人組が入ってきたのですが挨拶は無し。しかも大声で喋りがら商品を物色しているので途端に店員さんの顔が険しくなりました。その二人が会計をして出て行った後、私がピクピクしながら会計をすると店員さんはにこやかになりチョコ48おまけしてくれました。

やっぱりタイのお土産と言えばこちらです!

ハワイで生活するための有益な情報はいろいろなところに無料で転がっています

ハワイプログラムは1970年代に
前の女子大生はもちろん貰っていませんでした。挨拶はしておくものですね。スに2空港や土産物店の相場はかなり高いです。食品や酒類を安く買うならスーパーがオススメです。日本でも同じですよね。イタリアのスーパーはビールが本当に安くて、日本で四百円するビールが四十円で買えたりしますいかにもお土産というものを買うのも良いですが、その土地でしか買えないものもスーパーでは買えたりします。スープでお馴染みのクノールは世界でその国独自のスープを販売していて、私もトルコでハチノスのスープを買った覚えがあります。

 

ワイキキは賃料も高く

ハワイ行きです 参加するツアーが決まったら予約する予約はツアー会社のホームページから直接行えるものが殆どです。予約する前に必ずツアー詳細を読んで、不明な点は問い合わせをしましょう。勿論申し込み後にも質問できますが、申し込み後に思っていた条件と異なった場合キャンセルする手続きが発生しますし、場合によってはキャンセル料が発生する場合もあります。通常予約時に宿泊先情報、現地到着日と出発日を連絡する必要があります。決定していない場合には、決定後すぐに連絡しましょう。

オアフに来た人
申し込んでも最少催行人数を満たしていないと、ツアーの日にちが近くなってからツアーが条件を満たしていないので催行されないと連絡が来たりすることがあります。大手だと他社と共同運航になったりしますが、家族経営等の小さなオペレーターだと共同運航がなかったりします。どうしてもこの期間に参加したい等の希望がある場合は、申し込み時点で最小催行人数を満たしている日付を確認して申し込むのも一つの方法ですが、他の参加者がキャンセルすることもあるので100%ではありません。私は小さなオペレーターを利用するときは、希望の期間で人数の空いている日にちと最小催行人数を満たている日を確認てから申し込み、万が一最小催行人数を下回る状況になったら直ぐに連絡が欲しいとリクエストしておきます。予約完了画面やメールは保存しておきましょう。

ハワイアン?ショッピングセンターやカラカウア通りにも直結しています

ハワイのドルフィンスイム

ランチの時間です。ツアーによって異なりますが、海の上でいったんエンジン止めてからランチにする場合と港に移動しながらランチにする場合があります。今回のツアーは前者でしたランチのボリュームですが、やはりアメリカサイズのランチの量は多いです。女性だと2人で1つで良いくらいです。残ったランチは持ち帰りができます。ランチ終了後は港に向かいます。港に着いたらボートから降りて終了です。チップを渡す方はここで渡してから降ります。がある場合には、着替えます。送迎サービス付きの場合には専用車に乗ります。荷物を集合場所に置いている方は、いったん事務所まで戻ります。

お気に入りのイタリアのお土産

ホノルルYMCAによるフラダンス?ショショーを待っている間に

ハワイのホテルまでの送迎サービスもありますので
更衣室ホテルに帰ったらすぐに水着やラッシュガードを水洗いしましょう。水着の洗い方はインターネットを検索すると出てきますので、お好きな方法で洗いましょう。因みに私はぬるま湯洗いのみです。洗う時に便利なのが小型の折り畳みバケツです。写真は私が愛用している園芸用のものです。海外だとシンクが大きかったり、シンクの栓がゆるくて貯めた水がすぐに流れてしまったりと色々あります。

 

ハワイに到着した時にGoPhoneにプリペイド料金を支払えば

ハワイ生活ができる計算です 逆に冬で寒い場合は最初からウェットスーツを着ていると暖かいです。(写真はイメージです。今回のツアーで利用したウェットスーツではありません。スタッフが準備して下さいと言いますので、マスクに曇り止めをかけ、水で濯ぎます。マスク、シュノーケル、フィンを付けます。もし自分で新しくマスクを買って持参する場合には、最初曇り止めをしてもマスクが曇るかもしれません。

ハワイ旅行で搭乗したときには
ボートに乗る前にスタッフに相談すると研磨剤で磨いてくれるところもあります。ダイブショップで教わった自分での対処方法は研磨剤入りの歯磨き粉で磨くのが一番簡単な方法のようです。もしマスクやシュノーケルに不具合がある場合には、通常ボートに予備が積んでありますので、スタッフに相談しましょう。いよいよイルカと泳ぎます。まずスタッフが海に入ります。イルカが現れます!続いて順番に海に入っていきます。イルカのいる方向に泳いでいくか、イルカがこちらに向かってくるのを待ちます。

ハワイにセカンドハウスを持っている という立場は

ハワイのイベントを調べておくと良いでしょう

水中を覗くと下記にドルフィンスイムの様子(動画)を限定公開いたしました。今回ドルフィンスイムを行ったハワイ島の海の透明度は最高でした。ドルフィンスイム終了マスク、シュノーケル、フィン、ウェットスーツをここでスタッフに返却します。そのまま放置すると塩で痛むので通常スタッフは水で洗っていきます。防水カメラ等のデジタル機器も水で濯ぎましょう。

買い忘れた時でも大丈夫、オーストラリアのお土産

ハワイのツアーもあります

ワイキキ内のRossDressforLess
ダイブショップ系のツアーだとデジタル機器を入れる専用の水が大きなポリバケツに用意されていることも多いです。専用バケツがある場合には、入れておけば良いです。ただしボートから降りる時に置き忘れないようにしましょう。海から上がったら水着を着たままホットシャワーがある場合には、シャワーを浴びましょう。(ボートの上で水着の水洗いは流石にできないのでシャワーで代用)着替えをする方は着替えを済ませます。

 

ホノルル空港から市内までは

ホノルル国際空港に到着した トイレットぺーパーは必ず横に置いてあるゴミ箱に捨てましょう。間違って流してしまったら、う。ボートの利用説明でも間違って流したらすぐに教えて下さいと言われます。横のレバーを何回か引くと水が流れるのでそれで終了です。設備の整った大型船の場合は水洗トイレですが、デイトリップで水洗トイレ付きのボートに当たったことは過去にありません。急いでガイドや船長に伝えましょ今回参加しドルフィンスイムツアーを例に海でのサインを紹介します。

ハワイから見ると我々専門用語も入るので私として イルカ?ウォッチング イルカ?ウォッチング?
参加するツアーによって異なりますので、良く安全確認の説明を聞きましょう。イルカに出会うまで数十分ボートで移動します。その間はボートの上で自由です。イルカに出会えるポイントが近づくとボートの速度が遅くなり、スタッフが準備の為に動きだします。船上でウェットスーツを着ていると暑いので、通常海に入る直前のこのあたりでウェットスーツを着用します。慣れていない方でイルカとすぐに一緒に泳ぎたい方は安全説明の後の移動中にウェットスーツを着て、上半身のジッパーを開けて腰のあたりで縛ったりするのも良いと思います。

ハワイのツアーは

ハワイのホテル税は掛かりません

トルコにはグランバザールという有名な露天地域があるのですが、トルコ石アクセサリーの九割は粗悪品だと考えてよいです。ローマでも観光スポットの周りではブランドもののバッグが二千円で売られていましたが、ブランドものがそんな安いわけはなく、百パーセントニセモノだと考えてよいでしょう。警察も取り締まりをしていますので、黒人販売員と警察との追いかけっこが見られるかもしれません。関わらないのが得策ですが。なお、模造品と分かってブランド物を日本に持ち込むと法律で罰せられます。興味があっても買わないように。免税(DutyFreeTaxFree)も頭に入れておいてください。

情熱の国スペインのお土産と言えばこちら

ハワイに置いてあれば

ハワイ旅行に行ってみたいという気持ちがありますよね?かそんな人でも漠然と南国を思い浮かべてみてください
日本でいう消費税は、諸外国にも存在します。付加価値税、VAT(ValueAddedTax)と呼ばれることが多いです。イタリアでは20%を超える地域もあるので、十万円のものを買ったら11万円以上の税金がかかる計算になります。ただし、1店舗で一定額以上の買い物を行った場合は、その税品を後で還付還元してくれる制度が存在します。それが免税です。免税手続きを代行してくれる業者はグローバルブルーを代表に大手数社あります。

 

ハワイオリジナルではありませんが

ハワイのツアーの場合 女性の場合下はレギンスまたはトレンカにショートパンツを合わせるのが良いと思います。ウェットスーツが半袖やショートパンツ丈の場合は、ウェットスーツの下に長袖やレギンスのラッシュガードの着用をお勧めします。以前半袖のウェットスーツ対策で長袖のラッシュガードは着用したもののショートパンツ丈の対策を怠っており、に焼けました。(写真左下の○が対策なし、右上がラッシュガードのトレンカを着用しているものです)2時間のシュノーケリングでふくろはぎが真っ黒なお、ラッシュガードは水着同様濡れているものを着用していると冷えるので、もしラッシュガードを着用して海に入るのであれば、着る予備のラッシュガードを持参するのが良いと思います。予備がない場合には、乾いた服を着ましょう。

ハワイの引っ越し業者 スタッフシャツ それに WaikikiYachtClub 会員制の大富豪ヨットクラブ Tシャツ などなど
海から上がった後に船上で着替え着替えは、思います。可能なら別の水着を持参するのがお勧めです。乾いた水着の上に乾いたラッシュガードを着るのも良いですし、乾いたシャツ等服を着るのも良いと私の場合は、ボートが港に着くまでに時間がかかるツアーのときには船上でタオルを巻いてパパッと乾いた水着に着替え、その上にラッシュガードを着ています。更衣室があるボートは珍しいですが、ボートによっては屋内スペースがあり、人がいなかったりすることもあります。トイレが完備されている場合、他の人の迷惑にならないようにトイレで水着だけパパッと着替えるのもありだと思いますが、床が滑りやすかったり、狭いので揺れで酔いやすかったりするのでご注意下さい。

ハワイのコンドミニアムやバケレンのエレベータで他人と乗り合わせた時にも軽くあいさつ

ダイヤモンドヘッド

確かにアメリカではチップが必須ですが、その他の国ではチップは目安というか、特別に良いサービスを受けた時の御礼程度に考えておいて良いです。代表的なチップは枕銭ですが、アメリカ以外で枕銭を置いていないからベットメイキングも掃除もされない、ということはありません。従業員にはちゃんと給料が支払われていますので、チップは回収箱に集められてホテルの利益になります一方、レストランのチップはアメリカ以外でも払うことが多いです。支払い金額の十%程度が相場でしょうか。払いの場合は請求蓍にTipまたはGratuityの記載欄がありますので、カードを渡すときに記入しましょう。カードそうそう、支払いといえば、日本では両手の人差し指で×を作ることで「お勘定お願いします」という意味になりますよね。

やっぱりタイのお土産と言えばこちらです!

オアフ島のどこへ出かけるにも便利だった

ハワイ旅行のいいところは
海外ではそのジェスチャーは通じません。親指と人差し指で角括弧を作り、それを両手合わせてカードの形にしたものがお勘定の要求になります。またはCheckPlease。と伝えてください。デポジットノルウェーでビールを買ったとき、表示価格より五十円ほど高く請求されて疑問に思ったことがあります。レシートにPANTと書かれているこれは、ビンやカンに設定されているデポジット(預り金)で、1本50円程度です。さすがノルウェーはエコや福祉を重要視している国ですね。旅行者には高くて泣けますが。トイレ日本では気軽に無料で借りられるトイレですが、海外ではそうはいきません。

 

ハワイのホテルでお客さんをピックアップしてから向かいますので

ハワイのツアーの方が割安になる 2水中で写真や動画が撮れるデジタル機器が今は色々あります。スマホを防水ケースに入れて利用する、防水の使い捨てカメラ、防水のデジタルカメラ、デジカメ専用の防水ハードカバーに入れて利用する、アクションカメラ等々です。ツアーによっては、写真や動画を勝手に撮られていて最後に購入できる場合もありますのでこれも選択肢の一つでしょう。デジタル機器を持参するときに気を付けたいのはやはり海に落とさない事です。る場合は水没に気を付けたいです。必ず紐付きものにしてしっかりと手首や首から下げましょう。

ハワイのツアーによっては
防水ケースに入れ私はデジカメ専用ハウジングを持っているので実際にやったことが無いですが、周りを見ていると一番手軽なのは防水の使い捨てカメラ(2000円弱)かスマホを防水ケースに入れて利用する、その次が防水カメラやアクションカメラのレンタルではないでしょうか。3度付きマスクドルフィンスイムやシュノーケリングツアーの場合、マスク、シュノーケル、フィンは通常無料で貸し出されます。ただ視力が悪い場合、マスクも度付きのものがあると水中がきちんと見えますし、水中での安全上ちゃんと見えたほうが良いと思います。ツアー会社によっては度付きマスクをいくつか用意していて、ツアーの紹介文に希望者は問い合わせてくださいと記載があります。私の経験だと日本人向けツアーでは聞いたことがありますが、外国人向けでは聞いたことがありません。

ハワイのホテルのロビーにコンビニ等が入っている場合が多いので

ハワイクラブです

北欧では酒を屋外で飲むのは禁止の国があります凍死しやすいからでしょうか。道路を横断歩道以外で渡ると違法になる国もあります。シンガポールはチューインガムの持ち込みも使用も禁止です一方、日本では違法でも海外では合法のこともあります。オランダは麻薬OKと良く言われますね。「コーヒーショッブ」と呼ばれる認定ショップでのみ、一人につき少量のソフトドラッグ(マリファナ等)が使用可能です。銃の所持もアメリカでは合法ですが日本では違法ですね。

お気に入りのイタリアのお土産

ハワイのツアー料金は60$から80$位だと思います

ハワイ生活をエンジョイするほうが現実的だと思えます
旅行先での過ごし方(買い物)な1店に入るときは挨拶する日本では「お客様は神様です」という言葉の誤解から、客が絶対的優位のように考えている人が多いようですが、海外では全く違いばす。例えばフランスでは、店は自分の家であり、客は自分の家に入ってくる人という意識があるそうです。自分の家に無言で入ってくる人が居たらどう思うでしょうか?不審者だと思いばすよね。というわけで、お店に入るときは「こんにちは!こんばんは」と現地語で声をかけてみてください。日本ではあまり無い文化なので恥ずかしいかもしれませんが、海外では一般的です。

 

ハワイは異なって見えているに違いない

ワイキキの観光客も殆ど此処までは足を延ばしてはいないようだが ランチ付きツアーの例:Fulllunchisserved:Youcanchoosefromasandwichwraporsalad。GlutenfreesugarfreeandvegandietsareeasilyaccommodatedSelectionofHawaiianjuicessodasgreentea(with&withoutsugar)andplentyofwater。殆どの場合、水や他の飲料(アルコール除く)もツアー代金に含まれていて、ツアーの前半で00に置いておくので勝手に好きなものを取ってくださいと案内があります。ツアーによって水はペットボトルではなく大きな水筒に入っているものをプラスチックのコップに入れて飲む場合があります。この場合、マジックでコップに名前を書いてくださいと言われることもあります。

ハワイクラブのサイトを見ましょう
個人的には、ペットボトルの水を1本持参します。水筒からコップに入れて飲むところが多いので、自分の水がなくなったらペットボトルに簡単に追加できます。飲食の説明が行われる前に聞くのが面倒だったり、ドリンクコーナーが混んでいる時にさっと飲めますし、ツアー終了後も喉は渇いているので宿泊先に着くまでの間にも飲めます。送迎サービスを利用すると沢山のホテルを回るので結構時間がかかります。あとは酔い止めを乗船の30分ぐらい前に飲むのでその為にも持参します。