ハワイのコンドミニアムやバケレンのエレベータで他人と乗り合わせた時にも軽くあいさつ

ダイヤモンドヘッド

確かにアメリカではチップが必須ですが、その他の国ではチップは目安というか、特別に良いサービスを受けた時の御礼程度に考えておいて良いです。代表的なチップは枕銭ですが、アメリカ以外で枕銭を置いていないからベットメイキングも掃除もされない、ということはありません。従業員にはちゃんと給料が支払われていますので、チップは回収箱に集められてホテルの利益になります一方、レストランのチップはアメリカ以外でも払うことが多いです。支払い金額の十%程度が相場でしょうか。払いの場合は請求蓍にTipまたはGratuityの記載欄がありますので、カードを渡すときに記入しましょう。カードそうそう、支払いといえば、日本では両手の人差し指で×を作ることで「お勘定お願いします」という意味になりますよね。

やっぱりタイのお土産と言えばこちらです!

オアフ島のどこへ出かけるにも便利だった

ハワイ旅行のいいところは
海外ではそのジェスチャーは通じません。親指と人差し指で角括弧を作り、それを両手合わせてカードの形にしたものがお勘定の要求になります。またはCheckPlease。と伝えてください。デポジットノルウェーでビールを買ったとき、表示価格より五十円ほど高く請求されて疑問に思ったことがあります。レシートにPANTと書かれているこれは、ビンやカンに設定されているデポジット(預り金)で、1本50円程度です。さすがノルウェーはエコや福祉を重要視している国ですね。旅行者には高くて泣けますが。トイレ日本では気軽に無料で借りられるトイレですが、海外ではそうはいきません。

 

ハワイのホテルでお客さんをピックアップしてから向かいますので

ハワイのツアーの方が割安になる 2水中で写真や動画が撮れるデジタル機器が今は色々あります。スマホを防水ケースに入れて利用する、防水の使い捨てカメラ、防水のデジタルカメラ、デジカメ専用の防水ハードカバーに入れて利用する、アクションカメラ等々です。ツアーによっては、写真や動画を勝手に撮られていて最後に購入できる場合もありますのでこれも選択肢の一つでしょう。デジタル機器を持参するときに気を付けたいのはやはり海に落とさない事です。る場合は水没に気を付けたいです。必ず紐付きものにしてしっかりと手首や首から下げましょう。

ハワイのツアーによっては
防水ケースに入れ私はデジカメ専用ハウジングを持っているので実際にやったことが無いですが、周りを見ていると一番手軽なのは防水の使い捨てカメラ(2000円弱)かスマホを防水ケースに入れて利用する、その次が防水カメラやアクションカメラのレンタルではないでしょうか。3度付きマスクドルフィンスイムやシュノーケリングツアーの場合、マスク、シュノーケル、フィンは通常無料で貸し出されます。ただ視力が悪い場合、マスクも度付きのものがあると水中がきちんと見えますし、水中での安全上ちゃんと見えたほうが良いと思います。ツアー会社によっては度付きマスクをいくつか用意していて、ツアーの紹介文に希望者は問い合わせてくださいと記載があります。私の経験だと日本人向けツアーでは聞いたことがありますが、外国人向けでは聞いたことがありません。