ハワイのホテルのロビーにコンビニ等が入っている場合が多いので

ハワイクラブです

北欧では酒を屋外で飲むのは禁止の国があります凍死しやすいからでしょうか。道路を横断歩道以外で渡ると違法になる国もあります。シンガポールはチューインガムの持ち込みも使用も禁止です一方、日本では違法でも海外では合法のこともあります。オランダは麻薬OKと良く言われますね。「コーヒーショッブ」と呼ばれる認定ショップでのみ、一人につき少量のソフトドラッグ(マリファナ等)が使用可能です。銃の所持もアメリカでは合法ですが日本では違法ですね。

お気に入りのイタリアのお土産

ハワイのツアー料金は60$から80$位だと思います

ハワイ生活をエンジョイするほうが現実的だと思えます
旅行先での過ごし方(買い物)な1店に入るときは挨拶する日本では「お客様は神様です」という言葉の誤解から、客が絶対的優位のように考えている人が多いようですが、海外では全く違いばす。例えばフランスでは、店は自分の家であり、客は自分の家に入ってくる人という意識があるそうです。自分の家に無言で入ってくる人が居たらどう思うでしょうか?不審者だと思いばすよね。というわけで、お店に入るときは「こんにちは!こんばんは」と現地語で声をかけてみてください。日本ではあまり無い文化なので恥ずかしいかもしれませんが、海外では一般的です。

 

ハワイは異なって見えているに違いない

ワイキキの観光客も殆ど此処までは足を延ばしてはいないようだが ランチ付きツアーの例:Fulllunchisserved:Youcanchoosefromasandwichwraporsalad。GlutenfreesugarfreeandvegandietsareeasilyaccommodatedSelectionofHawaiianjuicessodasgreentea(with&withoutsugar)andplentyofwater。殆どの場合、水や他の飲料(アルコール除く)もツアー代金に含まれていて、ツアーの前半で00に置いておくので勝手に好きなものを取ってくださいと案内があります。ツアーによって水はペットボトルではなく大きな水筒に入っているものをプラスチックのコップに入れて飲む場合があります。この場合、マジックでコップに名前を書いてくださいと言われることもあります。

ハワイクラブのサイトを見ましょう
個人的には、ペットボトルの水を1本持参します。水筒からコップに入れて飲むところが多いので、自分の水がなくなったらペットボトルに簡単に追加できます。飲食の説明が行われる前に聞くのが面倒だったり、ドリンクコーナーが混んでいる時にさっと飲めますし、ツアー終了後も喉は渇いているので宿泊先に着くまでの間にも飲めます。送迎サービスを利用すると沢山のホテルを回るので結構時間がかかります。あとは酔い止めを乗船の30分ぐらい前に飲むのでその為にも持参します。