ハワイアン?ショッピングセンターやカラカウア通りにも直結しています

ハワイのドルフィンスイム

ランチの時間です。ツアーによって異なりますが、海の上でいったんエンジン止めてからランチにする場合と港に移動しながらランチにする場合があります。今回のツアーは前者でしたランチのボリュームですが、やはりアメリカサイズのランチの量は多いです。女性だと2人で1つで良いくらいです。残ったランチは持ち帰りができます。ランチ終了後は港に向かいます。港に着いたらボートから降りて終了です。チップを渡す方はここで渡してから降ります。がある場合には、着替えます。送迎サービス付きの場合には専用車に乗ります。荷物を集合場所に置いている方は、いったん事務所まで戻ります。

お気に入りのイタリアのお土産

ホノルルYMCAによるフラダンス?ショショーを待っている間に

ハワイのホテルまでの送迎サービスもありますので
更衣室ホテルに帰ったらすぐに水着やラッシュガードを水洗いしましょう。水着の洗い方はインターネットを検索すると出てきますので、お好きな方法で洗いましょう。因みに私はぬるま湯洗いのみです。洗う時に便利なのが小型の折り畳みバケツです。写真は私が愛用している園芸用のものです。海外だとシンクが大きかったり、シンクの栓がゆるくて貯めた水がすぐに流れてしまったりと色々あります。

 

ハワイに到着した時にGoPhoneにプリペイド料金を支払えば

ハワイ生活ができる計算です 逆に冬で寒い場合は最初からウェットスーツを着ていると暖かいです。(写真はイメージです。今回のツアーで利用したウェットスーツではありません。スタッフが準備して下さいと言いますので、マスクに曇り止めをかけ、水で濯ぎます。マスク、シュノーケル、フィンを付けます。もし自分で新しくマスクを買って持参する場合には、最初曇り止めをしてもマスクが曇るかもしれません。

ハワイ旅行で搭乗したときには
ボートに乗る前にスタッフに相談すると研磨剤で磨いてくれるところもあります。ダイブショップで教わった自分での対処方法は研磨剤入りの歯磨き粉で磨くのが一番簡単な方法のようです。もしマスクやシュノーケルに不具合がある場合には、通常ボートに予備が積んでありますので、スタッフに相談しましょう。いよいよイルカと泳ぎます。まずスタッフが海に入ります。イルカが現れます!続いて順番に海に入っていきます。イルカのいる方向に泳いでいくか、イルカがこちらに向かってくるのを待ちます。